合宿免許と通学どっちがいい?

運転免許を取得するにあたって、合宿と通学、どちらの方法がいいのか気になるという人は多いのではないでしょうか。どちらの方法でも最終的に免許を取ることは可能ですが、それぞれの取得方法の特徴を理解しておかないと、余計な時間や費用がかかってしまう可能性があります。そこでこの記事では、合宿と通学、それぞれのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

トップページ  >  運転免許の取得は合宿と通学どちらがおすすめ?

通学のメリット
自由度の高さが魅力!

自宅近くの教習所に通いながら免許を取得するメリットは、自分の予定に合わせてスケジュールを組めることです。自分の都合のいい日に講習の予約をするので、サークルやアルバイトなどと両立させることが可能です。
また、自分のペースに合わせて教習を受けることができるので、じっくり進めることができるというメリットもあります。従って、プライベートを優先したい人や自分のペースでカリキュラムを進めたい人には、通学での取得がぴったりでしょう。

通学のデメリット
卒業まで最低で2ヶ月かかる

通学での免許取得は、まとまった時間を必要としない分、卒業するのに時間がかかってしまうのが最大のデメリットです。たいてい免許取得までに2~3ヶ月程度の期間を要することが多く、自分の都合のいい日に予約が埋まっていると更に長引くことも少なくありません。また、春休みなどの混雑時期は予約が全く取れない場合があり、期間が空いてしまうことで教習内容を忘れてしまう可能性があります。通学での免許取得を検討している人は、このようなデメリットを理解した上で選ぶようにしましょう。

合宿のメリット
短期間で免許取得が可能!

合宿免許のメリットは、何といっても短期間で免許の取得ができることです。合宿では自動車学校が事前に教習スケジュールを組んでくれるため、自分でスケジュールを管理したり予約をしたりする必要はありません。スケジュール通りに教習過程をこなせば最短14日で免許を取得することができるので、効率良く最短で終わらせたい人には合宿は最適の方法です。また、合宿施設には免許取得という同じ目的を持つ合宿生が集まっているため、生徒間で結束が深まるのもメリットの一つです。教習の合間に仲間と周辺を観光する人も多く、思い出作りをしたいという人にも合宿はおすすめです。

合宿のデメリット
プライベートとの両立は難しい

合宿先は遠方になることが多いので、サークルやアルバイトを一時的に休まなくてはいけないことが合宿免許のデメリットです。そのため、必ず外せない予定がある期間を避ける、アルバイト先に事前に話しておくなどして、準備を怠らないようにする必要があります。また、夏休みなどの混雑時期は全国から予約が殺到するため、タイミングによっては希望の合宿先を予約できない可能性があります。従って、合宿免許を選ぶ場合はできる限り早めに行動するよう心がけましょう。

合宿と通い、
価格はどちらが安い?

免許取得にはまとまった金額が必要なため、少しでも費用を抑えたいという人は多いのではないでしょうか。結論から言うと、そのような人には合宿免許が一番おすすめの方法となります。教習所に通って免許を取得するとなると、最低でも30万円程度必要ですが、合宿の場合は、長期休みなどの繁忙期を避ければ20万円前後で免許取得が可能です。更にこの料金には、教習料金だけでなく往復交通費や宿泊費も含まれているため、少しでもお得に免許を取得したいという人は合宿免許を検討しましょう。
関連リンク
20万円以下の合宿免許プラン

自分の都合に合わせやすい通学での免許取得ですが、長期化することが多いため、効率良く免許を取得したい場合は合宿での免許取得がおすすめです。費用の面でもお得になる可能性が高いので、まとまった休みが取れるという人は合宿免許を検討してみましょう。

合宿免許について

(合宿免許について理解を深めるコンテンツ)

お早めに!人気の自動車学校

掛川自動車学校(静岡県)

東京・名古屋からのアクセス抜群。周辺施設も充実の自動車学校です。

倉吉自動車学校(鳥取県)

関西方面からアクセスしやすい、コナンの里としても有名な倉吉で合宿免許。

米沢ドライビングスクール(山形県)

1名からグループまでおすすめの山形県米沢市にある人気校!

タイヘイドライバーズスクール(福島県)

上野から特急で2時間。充実した校内施設、宿泊環境も魅力。

MAXドライビングスクール千曲(長野県)

充実した施設で話題の長野の人気校。スーパー銭湯とスポーツクラブが利用し放題。

はいなん自動車学校(静岡県)

海好きの方におすすめ!「静波海岸」と「さがらサンビーチ」がある海の街としても有名。